会社案内

会社概要

会社名 株式会社池田商店
代表取締役 岸上 章男(きしがみ ふみお)
所在地 【営業部・管理部】
〒241-0802 神奈川県横浜市旭区上川井町2046番地13-2階C
TEL:045-924-6025 / FAX:045-924-6026
【横浜工場・事業部】
〒241-0802 神奈川県横浜市旭区上川井町2446番地
TEL:045-921-6377 / FAX:045-921-6381
資本金 2,400万円
株主 株式会社タケエイ
設立年月日 昭和49年10月1日
営業品目 がれき類(コンクリートガラ)の処理
鉱さいの処理
上記により加工生産される各種再生砕石の生産・販売
従業員 27名(平成29年4月1日現在)
組織図 組織図 »

横浜工場概要

プラント処理能力 1日当り675t
破砕1施設(297t/日):ガラス陶磁器くず、鉱さい、がれき類
破砕2施設(675t/日):ガラス陶磁器くず、鉱さい、がれき類
処理設備 機械選別(ホッパーフィーダ)、破砕(クラッシャー)、
選別(スクリーン・マグネット)、ストックヤード
用地面積 8,469.7m2
保管量(製品含) 7,089m3
保有重機 ホイールローダー:2台 バックホー:6台
保有車輌 10tダンプ:13台 4tダンプ:1台
営業時間 平日及び土曜 8時~17時(最終受付16時30分)
日曜・祝祭日は休みとなります。

安全衛生への取組

イメージ

イメージ

イメージ

安全衛生教育の徹底

基本方針に基づき、朝礼にて安全唱和の徹底、全作業終了後の終礼の実施。
定期的な安全衛生会議の実施、年に1度の安全衛生大会を実施する事により全社員への真の安全衛生教育を啓蒙し続けています。
また工場内にも、お客様への安全意識向上の一助となればと『安全看板』『環境掲示板』を掲示しています。


29年度安全衛生方針

「安全はすべてにおいて優先する」

1人1人が安全に対する意識、知識、感性を養い労働災害、交通事故防止に努める

Ⅰ.目  標 【安全】労働災害:0件 重機事故:0件 車輌加害事故:0件
【衛生】職業疾病:0件
Ⅱ.スローガン

【安全衛生】
声かけは焦りを抑える命綱 互いに気にかけ 仲間を守れ

【交通安全】
運や勘では防げない 慣れた道でも油断せず 髙い意識で安全運転


明るい職場環境の創造

  • お客様へは常に『感謝の気持ち』『笑顔』『明るく元気な声』で挨拶を励行します。
  • 従業員間も同様の挨拶を励行し、常に『明るい職場環境』に努めます。

環境への取組

環境方針

[理   念]

当社は、現代社会において地球環境の保全、及び低炭素社会の構築が最重要課題であること、またそれらの構築に重要な役割を担っている企業であることを認識し、産業廃棄物の中間処分業を通して廃棄物の再生使用と資源化を促進すると共に産業廃棄物の最終処分量の削減を図ることによって、環境保全に努め、循環型社会の形成に貢献します。

[方   針]

環境保全に貢献することが、当社の事業活動の根幹を成す重要課題でありますので、日頃の事業活動の中で環境保全に配慮して以下の活動を行います。

1)コンクリート製建造物の解体に伴い発生する廃棄物を処理し、路盤材等に再生する事業活動に於いて、環境に与える影響を的確に把握し、技術的、経済的に可能な範囲で環境目標を定め、管理プログラムを設定し、これを実行すると共に、定期的見直しを行い、環境汚染防止及び環境保全活動の継続的改善とその向上を図ります。

2)環境保全に関する法規制を遵守して環境保全 に取り組みます。

3)保全活動を推進するための環境管理組織を整備し、活動目標を定め全員参加で推進します。

4)事業活動の中で、特に以下の項目について積極的に保全活動を推進します。

①.産業廃棄物最終処分ゼロ活動
受け入れた産業廃棄物は、分別を密に行い、100%リサイクルを目指すと共に適正な廃棄処理を行います。

②.節水活動
作業場における発塵防止散水を行って地域社会への影響を抑えます。一方、節水に努めて散水を行います。

③.省エネルギー活動

a)事業設備及び事務所における省電力に努めます。

b)輸送及び作業用車両のエコドライブと保守点検の励行に努め、温暖化ガスの排出削減に努めると共に作業の安全確保に努めます。

④.環境保全活動
a)自社から排出する廃棄物は減量化及びリサイクルを図ります。
b)グリーン購入を積極的に図ります。

⑤.受託した廃棄物の収集運搬・処分における環境配慮
a)ドライブレーダーによる収集運搬車の燃費向上と安全確保を図ります。
b)構内で使用する重機の軽油使用量の削減を図ります。

5)構内の清掃、工場周辺の環境整備を推進すると共に、周辺地域とコミュニケーションを図り、地域社会に貢献します。

6)環境教育を実施し全社員が環境方針の遂行に当たり環境に関する意識向上を図ると共に、取引先へも環境基本方針を周知し、理解と協力を要請します。

平成20年7月1日制定
平成26年7月1日改訂
株 式 会 社 池 田 商 店
代表取締役 岸上 章男

イメージ

周辺地域の環境保全活動の実施

地域社会への貢献として周辺地域の生態系の多様性を認識し、事業活動に於ける環境負荷の低減を行うと同時に、周辺地域の清掃活動、水質保全活動の実施、地域コミュニティーの環境活動に参加し、次世代を担う子供達の未来のために緑豊かな自然の保護・周辺地域の環境保全活動を実施します。

工場内外の環境美化活動の実施

  • 工場内外事務所の一斉清掃を定期的に行い、職場環境の美化に努め環境関連企業としての責務を果たします。
  • 雨水の再利用による環境負荷に配慮した散水を実施し、粉塵の飛散防止に努めます。
  • 場内各所に四季折々の草花を植え場内の緑化に努めます

安全への取組